多賀の食, 多賀語ろう会

あけぼの20周年まつり

2018年11月3日・4日あけぼのパーク多賀であけぼの20周年まつりが開催されました。

あけぼのパーク20周年に際して、2回目のふるさと多賀の食まつりも行われました。

このイベントのため、語ろう会メンバーは多賀の生産者さん、事業者さんなど色々な方に協力をいただき準備を進めてきました。

 

たつみさん手づくりの多賀の食マップの展示。

wakkayaさんからの20周年用の飾りパン!

味噌作りワークショップのための臼と杵

foodscape! in Taga


「都市と地域の架け橋として、生産者と生活者を繋ぐ料理研究家」堀田裕介さん監修のもとfoodscapeを作成しました。

料理開拓人堀田さんについてはこちら。

https://food-scape.com/#frist

foodscape!とは食べもののfoodと日本の風土や風景を表すlandscapeをという言葉を組み合わせた造語です。

食べ物だけでなく、株式会社ニイタカさんの固形燃料や森下仁丹株式会社さんの仁丹、地域の方から貸していただいた古具など、多賀の食、風土、風景をぎゅっとジオラマに凝縮しました。

多賀の事業者さんのご協力のもと仕上がった力作です!!

 

上から見るとちゃんと多賀の形になっています。

仁丹

3店舗の糸切餅。


磯野さんのふるさとお料理コーナー。2日間で色々な方に召し上がっていただきました。

本当に磯野さんのお料理は美味しいです。

cafeではお米食べ比べセットや、味噌、今年の夏に作った梅シロップを使ったジュース、すいだにのおにぎりなどを販売しました。

そして、いわなやさんが、、、、こんなにたくさんの食材と木製品を用意してきてくれました〜!準備もお一人で、、、感動です。

味噌づくりワークショップ。

たつみさんが先生となって、みんなで味噌を手づくりしました!来年の夏を越えるとようやく食べられます。

臼と杵を使い、昔ながらの作り方も体験しました。

TTPメンバーは2日間お手伝いとして参加しましたが、おにぎりを握ったり、味噌作りWSを見学したり、磯野さんのお料理をつまんだり、

とーっても楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA